189日目 同居人のこと

一緒に住んでる同居人2人について書こう。
同居人は中国語だと「室友」。

どっちも20代後半の女の子。
名前は、小玉(シャオユー)と小P(シャオピー)。
二人は台中の中学時代の同級生だそう。

で、今日は小Pは実家に帰ってる。
そして昨日から小玉のいとこが泊まりに来てる。

出掛けてて家に帰ると、小玉とそのいとこに今から夜市に行くかと誘われるので行く。
バイクで行くのに3人でどうするのかと思ったら、小Pの友達が来て一緒に行く。

あれだ、いつもの友達の友達はすぐ友達という台湾文化だ。

小玉とそのいとこ

左が小玉。
金髪モヒカンがいとこだ。
髪型と話し方からするにたぶんやんちゃ。

で帰りに小Pの友達の会社に寄る。

台湾おしゃれオフィス

仕事はテレビのCMとか作ってるそう。
台湾おしゃれオフィス!

今はアホみたいな単純な会話しかできないので、もうちょっと話せるようになるともっと楽しいんですけどね。


投稿者:

takahirock

http://twitter.com/takahirock http://www.flickr.com/photos/takahirock/

“189日目 同居人のこと” への1件のフィードバック

  1. そうですね。台湾では友達の友達は友達ですね。あちらではすぐに友達ができるし、特に日本人はモテモテなので、無縁社会に慣れている我々としては嬉しいところです。しかし、それだけに友達づきあいが軽くなりがちです。沢山の「酒肉朋友」の中から、如何に真の友人を見つけるかが、けっこう大変です。人との出会いは今後の人生を大きく変えます。もちろん異性との出会いも含めてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です