194日目 台湾の自転車事情

引っ越して歩く距離が増えたので、メイドイン台湾の自転車を購入。
鍵とライトつけて2500元。
「ENJOY」って書いてあります。

台湾製自転車

台湾大学はとてーも広いが、バイク禁止なので皆自転車で移動してる。
そして台湾で見かける自転車はたいていボロい。
日本なら100%警官に止められて番号調べられるレベル。
もう全部が全部錆びている。もともと錆びを止めようという意識がないのだろうか。
綺麗なお姉さんまでもがそんなボロい自転車に乗ったりしていて、そのギャップがおかしい。

そして皆基本中古を買うものらしい。
台湾大学では毎月中古自転車の売買会があるようだが、説明が中国語でよくわからなかったので参加できず。
1台500元くらいと老師が言ってた。

でもボロい家に懲りたのと、帰国前に誰かに売ればいっかと思い、新品買ってやったぜ。
円高バンザイ。

でも乗り物なので微妙な乗り心地とか触れてる部分の精度とか、台湾製のアラがすごく感じられる。
台湾製でも「GIANT」とか有名メーカーの高い自転車なら違うんでしょうけど、やっぱり無名の安い台湾製なら日本のジャスコとかで買う日本の無名の自転車とは品質で差があるなあと。
まあしょせんチャリだし、3日もすれば慣れると思うのでいいですけど。


投稿者:

takahirock

http://twitter.com/takahirock http://www.flickr.com/photos/takahirock/

“194日目 台湾の自転車事情” への2件のフィードバック

  1. 台湾のチャリはほぼボロイですよね
    僕はオートバイや車にひかれるのが怖い小心者なのでここで自転車を買う勇気なしですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です