168日目 ピザとジャズのまち

台湾大学近くのピザ屋に行く。

So Free

えっと初対面の人が多い。
台湾来てからそんなのばっかりだ。
左の台湾人は日本語が上手だ。
右の英国人は2人とも俺より中国語が上手。1人は日本語も少しできる。
でも俺より10個下。
なんか自分の中国語の出来なさに悲しいとか通り越して無気力になります。

で、近くのジャズやってるライブハウスに行く。
誰も行ったことないけど、英国人が知り合いに勧められたらしい。
ジャズとかよくわからんので、まあまあ。

しかし台湾大学付近は雰囲気がいいなあと思った。


投稿者:

takahirock

http://twitter.com/takahirock http://www.flickr.com/photos/takahirock/

“168日目 ピザとジャズのまち” への1件のフィードバック

  1. 中国語の語学留学をしていると、世界各国から留学生が来ているので、彼らとの付き合いも楽しいですね。留学生の中には、ユニークな経歴を持つ人もいて、そうした留学生の話を聞くのも興味深いです。私が親しく付き合った学生で、特にユニークだったのは、アイルランド人。彼は韓国語がペラペラ。台湾に来る前、釜山のカトリック教会で神父をしていたそうです。どうりで韓国語が上手なはずです。私のつたない韓国語が恥ずかしいほどでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です